車両保険の必要性ー車の保険って絶対に必要なの?−

車両保険の選び方は人それぞれです。
必要性に関してもその人の状況によってまったく異なってくるのです。

 

当サイトはそんな車に乗る全ての方に役に立つ車両保険の必要性に関して解説をするサイトです。

 

私は結婚して小学生と中学生の息子がいます。子供が大きくなる前にワンボックスカーを購入して6年ほど乗っていました。車はトヨタのエスティマでした。ちょうど車検の時期になり、知り合いがやっている整備工場に車検の話をするために行きました。その知り合いは小学校からの友人で自宅で親の代から整備工場を経営しており、友人が社長になった数年前からは中古車の販売等も行うようになっている会社でした。そこには用も無いのにちょくちょく顔を出しては話をしたり世間話をいろいろしていました。車検の話をし始めた時に友人から、車検受ける?受けないで買い替えはどう?と言われました。詳細を聞いた所、近くの若者が車を買い替えるので、下取りになったその人が乗っていたワンボックスカーがあるのでどうかということでした。今はまだその車は無いとのことでしたが、私の車検の前に入ってくるそうでした。その若者は急に外車が欲しくなり、私の友人にお願いして探してもらい気に入ったのがあったので購入するとのことでしたが、今まで乗っていた車は一ヶ月前に車検を取ったばかりということで、すごいお得な状態の車でした。走行距離も45000kmしか走っておらず、程度もいいとのことで、話を聞いてすぐに心が揺らぎました。私は妻の意見を聞かないと判断できないので、一旦持ち帰り妻と話をしました。妻は今の車の車検は結構掛かるし、そろそろ飽きたという事で、その車を見て決める事にしました。ちなみに、友人とは家族で交流があるので、妻も私の友人に詳細を直接聞いたりしました。数日後、妻と一緒に友人に呼ばれて会社のほうに行き、そのワンボックスカーを詳しく見ることができました。その車はトヨタのVOXYでグレードが一番高いやつでした。まずは、5ナンバーという事でエスティマより維持費が安くなることで妻の心が揺れました。外装、内装を見て、若者が乗っていたとは思えないような綺麗さでさらに購入に傾きました。私の住んでいるところは雪が降るのですが、見たタイミングが3月という事で、スタッドレスタイヤもついており、昨年に買ったものでほぼ新品でした。さらに、若者が乗っていたということで、キラキラとした目立つアルミ(夏タイヤ)をあるそうです。それらを見た後妻はこの車を気に入り購入することに決めました。友人は私が購入しない場合は市場に180万で出すことにしていたそうですが、私には140万で売ってくれるそうです。この特別感が最後の購入の決めてになりました。購入を決定し現金で支払いました。すごいお買い得な買い物でした。持つべきものは友ですね。